活性酸素の蓄積は痩せない原因の一つ

活性酸素をご存じですか?活性酸素(フリーラジカル)はミトコンドリアが活動することで必ず発生する代謝産物です。活性酸素は無くてはならないものですが攻撃性が強く
身体に蓄積してしまうと良くありません。活性酸素が豊富に蓄積してしまうとミトコンドリアの活性が低下し燃焼反応も低下してしまうので太りやすく痩せにくい肥満体質となってしまうのです。

1. 活性酸素とは

活性酸素は人が生命を営むために必要な呼吸反応によって発生してしまう代謝産物です。
人は1日に500リットル以上の酸素を必要として生きていますが、その内の2%が活性酸素
になってしまうと言われています。

活性酸素の働き

・良い:活性酸素は高い攻撃性を持つため、ウイルスや細菌などの抗原をやっつけるとい
う働きを持ちます。

・悪い:活性酸素は高い攻撃性を持つので、大量に発生してしまうと正常な細胞を傷つけ
たり、代謝に関わるミトコンドリアの活性を低下させたりします。

活性酸素が健康に関して全て悪いのかというと、そうではありませんが、蓄積量が増えて
しまうことで身体にとって良くない働きをしてしまうということです。

2. 活性酸素の増加と肥満

活性酸素が蓄積する仕組みは加齢です。歳をとるごとに活性酸素を除去してくれる活性酸
素除去酵素(SOD)が減ってしまうことに反比例して活性酸素は蓄積します。

活性酸素と肥満

SODが減少し活性酸素の蓄積が始まる年齢は実は10代後半からで、そこから30代40代と
急激に蓄積します。

活性酸素が肥満と繋がる理由は、活性酸素が脂質や糖質などのエネルギー源を燃焼するミトコンドリアの活性を下げてしまうからです。

ミトコンドリアは脳からの指令を受け活動していますが、活性酸素が身体に蓄積することで脳からの指令伝達が不十分になってしまうことでミトコンドリアの活動が低下します。

その結果、食事からのエネルギー源の燃焼量が低下し、エネルギー源を余らせてしまうので脂肪としてストックされてしまうのです。

活性酸素と疲労

活性酸素が蓄積するとミトコンドアの活動が低下し燃焼量が低下します。

これは疲労の蓄積も意味しています。

ミトコンドリアが行う燃焼活動は、ATPというエネルギーを生み出すための代謝反応です。

痩せるために脂肪を燃やすと思っている方がほとんどだと思いますが、ただ脂肪を燃やしているだけではなく、ATPという生きるために必要なエネルギーを生み出しているのです。

つまりミトコンドリアの活性が低下し燃焼が低下するとATP生産量も低下するので、歳を取ると疲れがたまりやすくなってしまうのです。

3. 活性酸素の除去方法

活性酸素を除去してくれるものはSODですが、食べ物から活性酸素を除去してくれる物を
摂取することも可能です。抗酸化作用を有する食べ物を食べることが活性酸素の蓄積を低
下させてくれる効果的な方法です。

抗酸化力の高い食べ物

・ビタミン類:レモンやアセロラに含まれるビタミンCは代表的な抗酸化物質であり一番
身近な抗酸化物質と言えます。ビタミンCと並んで高い抗酸化作用を有するビタミンがEで
す。

・αリポ酸:ビタミンは気軽に摂取できる抗酸化物質ですが、ビタミンよりも高い抗酸化
力を有する物質がαリポ酸です。αリポ酸はビタミン類の400倍もの抗酸化作用を有し、尚
且つ身体に浸透しやすいので優秀な抗酸化物質と言えるでしょう。

・アスタキサンチン:鮭の卵であるイクラやオキアミに豊富に含まれる赤い成分がアスタ
キサンチンです。このアスタキサンチンの抗酸化力は非常に優れており、ビタミン類の
6000倍もの抗酸化力を誇ります。

・イミダゾールペプチド:国が認めた最強の抗酸化力を誇る成分がイミダゾールペプチド
というものです。イミダゾールペプチドは渡り鶏の胸肉や鯨の尾に豊富に含まれているペ
プチドです。渡り鳥や鯨という長距離移動を行う動物に含まれるほど、高い抗酸化力で抗
疲労を実現します。

年齢が30代40代となると活性酸素の蓄積量も膨大に成り「太りやすい・痩せにくい・疲れ
やすい」という大変辛い体質になってしまいます。
なので、これらの抗酸化力を有する抗酸化物質を上手に取り入れ、ミトコンドリアを元気
に保つことが「疲れ知らずの痩せ体質」を手に入れる秘訣です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする