脂肪は分解しないと燃やせない?分解の必要性を解説

皆様が落としたい脂肪を減らすには2つの工程が必要となります。1つ目は脂肪を分解すること、2つ目は分解した脂肪を燃焼することです。この2つの工程をクリアすることでやっと脂肪は燃焼できるのです。そしてダイエットに失敗している多くの方は脂肪の分解がうまくいっていない人が多いのです。

この記事では脂肪の分解について詳しくお話しさせていただきます。

1. 脂肪の分解とは

脂肪の分解とは中性脂肪を遊離脂肪酸に分解することを言います。脂肪の分解はダイエッ
トの第一歩で遊離脂肪酸に分解できなければ痩せることはできません。

遊離脂肪酸に分解

私たちが脂肪と呼ぶ物は脂肪細胞という細胞の中に中性脂肪がたくさん貯蔵している状態
を言います。
この中性脂肪のままでは脂肪は燃やすことができないので、中性脂肪を遊離脂肪酸という
形に分解しなければいけません。
この分解肯定の成功がダイエット成功のキーポイントとなります。

2. 脂肪分解の必要性

著名人のCMにもあるように脂肪は分解しないと減らないという事実があります。そして
脂肪を分解しないといけないけない理由は、分解された遊離脂肪でなければ燃焼できない
からです。


伊右衛門特茶のCM

伊右衛門特茶のCMはご存じでしょうか?バラバラバラでお馴染みの伊右衛門特茶のCMで
は「脂肪は分解しないと減りません」
と言われるように、脂肪を減らすにはまず分解す
る必要があります。
そして多くの方が躓くのがこの脂肪分解なのです。


分解しないと燃やせない

分解しないと燃やせない理由は、分解された遊離脂肪酸
でなければ脂肪を燃やす燃焼工
場であるミトコンドリアに運べないからです。
分解された遊離脂肪酸はミトコンドリア内で燃やされて、初めて身体の中から無くなり、
体重が減るということになるのです。

3. 脂肪が分解される条件

脂肪とは貯蔵されているエネルギー源なのです。分解を起こすには身体にエネルギー源を
使わせる状態だと理解してもらう必要があります。



脂肪分解条件

・血糖値を低く保つ:甘い物をほとんど食べずに血糖値が低い状態が続くと、徐々に脂肪
の分解が進みます。これは血糖が脂肪の減量だからです。
・エネルギー源の不足:食事を減らしてエネルギー源の不足を起こすと脂肪の分解は進み
ます。言ってみれば脂肪はエネルギー源ということです。


ダイエットの食事制限とは

脂肪の分解が起こるのは、身体が脂肪を必要だと判断した時に起こるのです。多くの痩せ
るダイエットに食事制限があるのは脂肪の分解を起こすために必要な作業だからです。
逆に言うと食事制限が全くないダイエット方法は身体の仕組みに背いているので、全く痩
せないか、リスクがあると考えると良いでしょう。

4. 分解された脂肪を燃やす

分解した遊離脂肪酸を燃焼することがダイエットであり、減量の本質です。しかし本来で
あればこの分解燃焼の工程は身体が勝手におこなうものなのです。


遊離脂肪酸を燃やす

脂肪の分解が上手に出来ている身体の状態は遊離脂肪酸が血液中に対流している状態とな
ります。
この遊離脂肪酸を脂肪燃焼工場であるミトコンドリアに運び、ミトコンドリア内で燃やす
という肯定が、いわゆる燃焼というものです。
この燃焼肯定で遊離脂肪酸は水と二酸化炭素になってしまい、身体の外へ排出されるので
身体が軽くなるのです。


脂肪の分解と燃焼の両立

減量の効率が良いダイエットは「脂肪の分解」と「脂肪の燃焼」が両立できている減量方
法となります。
名古屋の福井薬局では脂肪の分解ノウハウはもちろん、燃焼のノウハウも体質別に豊富に
揃えています。
当店のダイエットは分解と燃焼の同時進行を成し遂げています。そして最も重要視してい
るのは健康との両立です。
人には通常肥満を抑制する仕組みが備わっています。しかし太ってしまうということは身体のどこかに不具合がある可能性が高いのです。
当店では正しい代謝が起こし機能を立て直すために漢方ダイエットをお客様にご提案させ
ていただいております。
当店でお痩せになられたお客様にリバウンドされる方が少ないのも漢方による身体と健康
の立て直しを行っているからだと確信しています。当店の漢方ダイエットが気になる方は
お気軽にご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする