豆腐パスター

名古屋市南区柴田本通 福井薬局

福井たかおみのブログです。

 

お盆前のことですが、

3歳の長女が発熱した時のお話です。

 

体温が39℃まであがり、

お盆に行く海水浴をキャンセルしないと

いけないか、心配しながら過ごしていました。

 

今回、いつも使用するクスリに加えて

「豆腐パスター」を使用しました。

知ってますか?「豆腐パスター」

 

作り方は、豆腐の水分を切って、生姜をすったものを混ぜて、

小麦粉で粘りを出したものを、ガーゼに包んで、おでこに乗せます。

市販のおでこに貼るタイプのものだと、

自分で外してしまうのですが、

これは、おりこうに乗せていましたね。

さすがに39℃あると、寝ていても

とても辛そうにしています。

熱が少しさがってくると、

少し楽そうな顔になり、

寝顔をみていても、安心できます。

3時間くらい見ていましたが、

39℃あった熱が、37℃台に下がってきました。

 

その日は、東海市の花火大会の日で、

お兄ちゃん2人を花火大会に連れて行く約束をしていたので、

そちらに行きましたが、

帰ってきたら、普通に元気にしていました。

さっきまで、苦しそうに寝ていたのに…

豆腐パスターのおかげで、

次の日、海水浴に向けて出発することが出来ました。


豆腐の力というか、昔の人の知恵ってすごいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする