春休みのダイエット

名古屋市南区柴田本通
福井薬局 福井たかおみのダイエットブログです。

卒業式、卒園式、終業式。
そんなシーズンになってきました。

ランドセル

そうなると、昼食時にお子様が
家に居るため、昼食を準備しないと
いけないという状況になりますね。

ダイエットが中断しやすい状況に
なるわけです。

これをどのように克服するかという事なのですが、

実際、上手にダイエットされている方は、
実に簡単に乗り越えています。

上手にできている方と、できない方を比較してみましょう。

ただし、すべてが当てはまるわけではなく、
今までの統計的に、このような方が多いという具合です。

ポイントの1つに「ダイエット宣言」
があると思います。

子どもやご主人にダイエット宣言をしている方が、
少し有利な気がします。

内緒でしている方の中にも成功している方は、
いらっしゃるので、絶対とはいえませんが・・・
宣言している場合、昼食時に子供がいても、
子どもと少し違うメニューで食べることができます。

休みにダイエットできないと考える方の多くは、
子どもと同じ昼食を食べないといけないと、
考えてしまう方が多いように感じます。

でも、よく考えてみてください。
成長期のお子様と同じ昼食を食べて、
お子様は背が伸びる、でも、大人の人は、
どこが成長してしまうでしょう?

縦に行かずに・・・ありゃりゃ。

ダイエット宣言して(しなくてもできますが)、
堂々と食事をすることが、いいように感じます。

内緒で始めた方は、後ろめたい気持ちもあるのでしょう。
仕方なく、食事を合わせてしまいます。

そして、「あぁ、こんな食事では痩せれない」と考えるようになり、

ますます、痩せないイメージで日々過ごし、
自ら私には無理の烙印を押す事になります。

では、宣言せずに、ダイエットを継続したい方は、
どうしたらいいか?です。

私の食事はこれ!と自信を持つことです。
「それだけで足りるの?」
「それだけでは病気になるよ」

みなさん、親切に教えてくれますが、
言われるままに食べて、太って、
内臓脂肪が増える方が、病気のリスクは
高くなるのではないでしょうか?

しかも、周りから食べろ食べろと言うわりに、
太ってしまったら、責任を取ってくれませんよ。

必要な食事量は、自分自身で考えて食べてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする