不妊・子宝相談と健康ダイエットの福井薬局
健康で楽しい毎日のために 創業 昭和14年 地域のみなさまに愛されて、みなさまに健康で過ごしていただくためのお手伝いできることが喜びです。

ストレス社会に多い「自律神経失調症」

 自律神経失調症倦怠感、頭痛、肩こり、めまいなど、病気のような症状が現れているにもかかわらず、検査や診断では内臓などに特に異常が見られないものを「自律神経失調症」といいます。

自律神経とは交感神経と副交感神経からなり、内臓の働きなどをコントロールしている神経です。これら2つの神経が体のバランスを保っていますが、精神的ストレスや疲労、不規則な生活などで調節がうまくいかなくなると、全身に様々な不調が生じてきます。

チェック項目の多い人は要注意!
□ 疲れやすい、倦怠感
□ 頭痛、頭が重い感じ
□ 肩こり、耳鳴り、めまい
□ 手足が冷える
□ 動悸、息切れ、のぼせ
□ のどのつかえ、食欲不振
□ 疲れ目、目の乾燥
□ 肌荒れ、かゆみ
□ イライラすることが多い
□ 憂うつ、不安感、不眠
□ 生理異常
□ 頻尿、尿漏れ

 

自律神経失調症と漢方療法

漢方生薬検査をしても異常が見つからない様々な心身の不調は漢方薬の得意とする分野の一つです。

漢方では単なる自律神経の異常とはとらえず、気(き)・血(けつ)・水(すい)のバランスが崩れたことで起こった全身の不調と考えます。

気・血・水とは私たちの体を巡り生命活動を維持している3つの要素です。

例えば、気の巡りが悪くなると、疲労、不眠、イライラなどが、血の巡りが悪いと、頭痛や肩こり、生理痛などが、そして、水が滞るとめまいや排尿トラブルが起こってきます。

漢方では気・血・水の他、五臓(肝・心・脾・肺・腎)や冷えの有無など様々な観点から診断して、一人ひとりの症状や体質、ライフスタイルに合った治療を行います。