不妊・子宝相談と健康ダイエットの福井薬局
健康で楽しい毎日のために 創業 昭和14年 地域のみなさまに愛されて、みなさまに健康で過ごしていただくためのお手伝いできることが喜びです。

 子宮内膜症とは子宮内膜以外のところに、子宮内膜ができてしまう病気です。 病名からみると子宮の中の病気に思えますが、実際は子宮の内側以外での症状になります。
 子宮内膜は子宮の内側に、エストロゲン(女性ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用によって、育てられる「膜」のことです。
 月経が終わった後、エストロゲンが増えるに従って、徐々に厚くなり、排卵の後プロゲステロンが加わると、受精卵の着床しやすくなるように、ふかふかになり妊娠の準備が整います。もしも妊娠しなかった場合には、これらのホルモンが少なくなり、子宮内膜が一気にはがれ落ちてしまい、出血(月経)がおこります。これが子宮の内側以外のところで、起こってしまうのが子宮内膜症で、卵巣、卵管、子宮の周囲の組織にできて、その場所で、生理、月経をくり返します。それが毎月繰り返されることで、 炎症が起こったり、その周りの組織同士が癒着することもあります。