不妊・子宝相談と健康ダイエットの福井薬局
健康で楽しい毎日のために 創業 昭和14年 地域のみなさまに愛されて、みなさまに健康で過ごしていただくためのお手伝いできることが喜びです。

血液をキレイにするということは 妊娠がしやすくなります

なぜかというと、子宮は血液のかたまりのような臓器。
子宮内膜が生理「血」として出てくるように 子宮内膜は
血液そのものです。
血液がキレイで質が良ければ おのずと赤ちゃんのお布団は
ふかふかに なるという訳です。

ふかふかお布団

前回は血液をキレイする食べ物は やっぱり和食が一番と書きました。
玄米魚菜食がやっぱりおすすめですが 共働きでお忙しい方が多いと思います。

できる範囲内で和食を心がけ 朝食もパンよりごはんがおすすめですが
朝食がパンの時でも、お味噌汁をつけて お味噌の発酵した菌や
吸収しやすいイソフラボンを 取られると、
腸の力やホルモンの力が増し 妊娠しやすくなりますよ。

さて、食事で気をつけていただきたいことの ひとつに 添加物 があります。

 食べるならどっち?10大食品添加物
現在、日本人は年間に7~12キロの食品添加物を 摂取している
とも言われています。

2013年2月現在で認可されている合成添加物は431品目。
天然添加物(365品目)より もちろん危険性が高いのは
石油製品から化学合成された合成添加物です。
自然界に全く存在しない化学合成物質に該当するような 添加物は
体内で代謝が難しいので、最終的に解毒する臓器の 肝臓や腎臓に
負担がかかってゆきます。

その中で特に最近よく見かけるのが
カロリーゼロなどの表記でおなじみの人工甘味料!

・アスパルテーム・・・・・・脳腫瘍や白血病、リンパ腫との因果関係が示唆。
・スクラロース・・・・・・・ラットの脾臓や胸腺などリンパ組織の萎縮がみられた。
・アセスルファムK・・・肝臓や免疫に対するダメージが心配される。
          また妊娠ラットの実験で胎児に移行することが
          確認されている。
ステビア・・・・・・・・・・・南米原産のステビアの葉から抽出された甘味成分。
          というと安心できそうだが、動物のオスの精巣
          悪影響をもたらすという理由で長らく認可されて
          いなかった。

甘みはあるのに、カロリーがないというのは カラダで吸収代謝されない証拠。
ではありながら 血液中を異物となってぐるぐる巡ることになります。
受精後、細胞が盛んに分裂しているときには 周辺の影響を大きく受けると
考えられます。
自然界には全く存在しない化学合成物質に該当するような 添加物は
できるだけ摂取しないようにしたほうがよいでしょう。

他にも特に注意は
輸入されたかんきつ類(レモン、グレープフルーツ、オレンジ)
 に 使用されている防カビ剤のTBZ
・合成甘味料のサッカリンNa

できれば避けたいのは  

・ハムやウィンナー、明太子などに含まれる発色剤、亜硝酸ナトリウム
・カット野菜や市販のサラダに使用する殺菌剤の次亜塩素酸ナトリウム
・コーラやインスタントラーメンに含まれる4-メチルイミダゾ-ル

などあげればきりがありませんが、受精後すぐの赤ちゃんを 守るために
そして赤ちゃんが育つ子宮の環境を良くするために なるべく添加物は
避けたほうが良さそうですね!
もちろん妊娠中、授乳中そして小さいお子様には 親が気をつけてあげたいですね。

次回に続く・・・・  

ブログを読んでいただいたご夫婦に たくさんの 幸せが
おとずれますように祈っております
子宝カウンセラー 福井牧子