不妊・子宝相談と健康ダイエットの福井薬局
健康で楽しい毎日のために 創業 昭和14年 地域のみなさまに愛されて、みなさまに健康で過ごしていただくためのお手伝いできることが喜びです。

 黄体機能不全とは、黄体のホルモン分泌が弱い状態のことをさします。
 黄体ホルモンの分泌の弱い方は、基礎体温をつけた時に、高温相が続きにくくなります。高温相の上部が8日未満だと、黄体機能不全を疑います。
 黄体ホルモンは受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を整えたり、妊娠継続に必要な高温期の維持に必要となるため、黄体機能不全により黄体ホルモンが不足すると着床障害や流産の原因となってしまいます。
 卵巣内の卵胞が、排卵をおこなった後に変化して黄体に変わり、その黄体から分泌されるホルモンが、この黄体ホルモンです。 病院ではよく、「デュファストン」というお薬を使います。